高血圧対策には野菜スープが効果的って嘘?本当?

高血圧対策には野菜スープが効果的って嘘?本当?

高血圧対策には野菜スープが効果的って嘘?本当?

 

 

野菜は健康食材の代表格ですが、高血圧にとっても重要な食材です。野菜をスープにすることで効率的に野菜をとれるのであればこれほど良いことはありません。高血圧の方にとっての野菜摂取の効果と野菜スープのメリットを理解して、食生活に取り入れてください。

 

今回は、

 

○野菜はなぜ高血圧に良いのでしょうか
○野菜スープにするとどのようなメリットがあるのでしょうか
○どんな野菜が野菜スープに適しているのでしょうか
○代表的な野菜スープの作り方と食べ方

 

これらについてお伝えします。

 

手軽に作れる野菜スープを毎日の食卓に取り入れて、高血圧の予防・改善に取り組んでください。高血圧以外の生活習慣病の予防・改善にも効果が期待できますので、楽しい食生活に積極的に取り入れてください。

 

 

 

○野菜はなぜ高血圧に良いのでしょうか

 

高血圧対策には野菜スープが効果的って嘘?本当?

 

野菜には豊富な栄養素が含まれていますが、特に次にあげる栄養成分は血圧の安定化に効果があることが知られています。

 

1) ミネラル
ミネラルの中ではカリウム・カルシウム・マグネシウムが効果のある成分です。
○カリウム
 カリウムはからだの中の余分なナトリウム・水分を腎臓から尿として排泄する働きがあります。さらにカリウムには血管を拡張する働きもありますので、血圧を下げる効果があります。
 ストレスなく塩分の多い食事をしたときでもカリウムを多く含む野菜をとることによって余分なナトリウムをからだの外に出してもらえます。
但し、腎臓疾患を患っている方はカリウムの過剰摂取によって高カリウム血症になりやすいので注意が必要です。
○カルシウム
 食べ物からのカルシウムの摂取が不足した場合、我々のからだは骨の中にあるカルシウムを溶かして血液中のカルシウム濃度を一定にしようとすることがわかっています。このことによって、血液中のカルシウムが増加して血液の流れを悪くして血圧を上昇させることになります。カルシウムを野菜でとることは高血圧の予防に重要です。
○マグネシウム
 マグネシウムはカルシウムの吸収と働きを強める働きがあり、血圧を低下させることがわかっています。マグネシウムの摂取不足も高血圧の原因となりますので、マグネシウムを多く含む野菜をとることが大事です。

 

2)食物繊維
   食物繊維には水に溶けやすい「水溶性食物繊維」と水に溶けにくい「不溶性食物繊維」の2種類があります。水溶性食物繊維に含まれるムチンは血圧を下げる作用があります。これらの成分は、通常はミネラルであるカリウムと結合していますが、食事で胃の中に入ると胃酸の働きでカリウムが放出されます。
このカリウムは腸から吸収されて血中のナトリウムを排出します。同時に残ったカリウムを放出した成分は小腸においてナトリウムと結合して排泄されます。このようにナトリウムが減少して血圧が下がることになります。

 

3) ファイトケミカル
 最近注目されている野菜に含まれる栄養成分はファイトケミカルです。植物自体が自分で酸化することを守る為に作り出した成分と言われています。ポリフェノール・フラボノイド・カロテイノド・アントシアニンなどが代表的であり、野菜に多く含まれています。我々が摂取するとからだの中で強い抗酸化作用が働き、活性酸素の発生を抑えて悪玉コレステロールの血管への付着を防止し、さらに付着した悪玉コレステロールを取り除く働きがあります。血管の老化を抑えて血圧の上昇を防ぎます。

 

 

 

○野菜スープにするとどのようなメリットがあるのでしょうか

 

高血圧対策には野菜スープが効果的って嘘?本当?

 

 野菜の一日の摂取目標値は350gといわれていますが、この350gというのは両手一杯に相当するほどの量ですので、この量を毎日摂取するのは一苦労です。ところが、野菜をスープにすることによって、次のようなメリットがあります。
1) 効果のある栄養成分を多く含む野菜を一回で大量に摂取できる
カサの多い量の野菜をスープにすることによってカサも減り、食べやすくなります。また、栄養成分がスープに溶けだした野菜と溶け出さない野菜の具を一緒に効率的に摂取できます。栄養のバランスを考えた食事が野菜スープによってとれます。
2) 基礎代謝が上がる
あたたかいスープによって腸を温めて、血流を良くして内臓の働きを活発化させて、結果的に体温が1℃・基礎代謝が13%上がるというデータもあります。基礎代謝が上がることによって食事をしても太りにくくなり、脂肪を燃焼しやすくなる効果があります。
3) デトックス効果がある
野菜スープに含まれるファイトケミカルによって、からだの中の有害成分であるカドミウム・水銀などの重金属をからだの外に排出するデトックス効果があらわれると言われています。

 

 

 

○どんな野菜が野菜スープに適しているのでしょうか

 

高血圧対策には野菜スープが効果的って嘘?本当?

 

 野菜に含まれる高血圧に効果のある栄養成分が失われることなく摂取できる野菜をスープにすることが大事です。次の3つの条件を満たす野菜が理想的と言われています。

 

1) ファイトケミカルを多く含む野菜
2) 水溶性の野菜
3) 加熱に強い野菜

 

お勧めの野菜は、ニンジン・ナス・かぼちゃ・キャベツ・玉ねぎ・トマト・アスパラガスなどです。

 

 

 

○代表的な野菜スープの作り方と食べ方

 

高血圧対策には野菜スープが効果的って嘘?本当?

 

最近注目されている野菜スープは「ハーバード大学式野菜スープ」です。ファイトケミカルを多く含む野菜を効率的に摂取することを目的として作られ、高血圧以外にも生活習慣病の予防・改善・老化防止・ストレス軽減などの効果を発揮します。

 

<材料>
ニンジン・かぼちゃ・玉ねぎ・キャベツ 各100g、水1リットル

 

<作り方>
1) 各野菜を一口の大きさに切る
2) 鍋に水と切った野菜を入れる
3) 蓋をして強火にする
4) 沸騰したのちに弱火で20分煮る
5) 1日以内の保存は冷蔵し、2日以上は冷凍保存する

 

 <食べ方>
1) 食事のはじめに食べる
空腹時・朝食前に食べることで血糖値の上昇を防ぐことができます。
2) 塩を添加しない
味付けをしたい場合は胡椒・唐辛子・カレー粉などを加えてください。
3) 野菜の具は食べる
栄養成分が溶けだしていない場合もありますので、野菜の具は必ず食べてください。
4) 一回の食べる量
1回200mlほどで、1日2〜3回を目安に食べる。
 簡単に作ることができ、安上がりで長続きしやすい野菜スープですので、ぜひ試してみてください。

 

 

 

高血圧ってどのような食事が原因でなるの?

 

 

 

裏ごしの手間不要、簡単スープメーカー
本格スープがたった30分で!【スープリーズ】