玄米は高血圧に効果あり?食事に取り入れるべき?

玄米は高血圧に効果あり?食事に取り入れるべき?

高血圧の人が食事で玄米を食べるのは効果がある?

 

 

食事の中で白米より玄米を食べた方がからだに良いということは知っていると思いますが、からだにとって何が良いかということは正確に理解している人は少ないと思います。実は、玄米は白米より高血圧の予防・改善に適した食品であることがわかっています。玄米の持っている効果とさらに玄米を超えるパワーを持っている発芽米について良く理解して食生活に取り入れてください。

 

今回は、

 

○白米と玄米の違いは
○玄米が高血圧に良い理由とは
○発芽米がさらに高血圧に良い理由とは
○「ファンケル 発芽米」の紹介

 

これらについてお伝えします。

 

日本人の主食であり毎日食べられている米ですので、白米から玄米・発芽米に変えるだけで高血圧に効果が期待できることは朗報です。ぜひ、積極的に玄米・発芽米を食べましょう。

 

 

 

○白米と玄米の違いは?

 

玄米は高血圧に効果あり?食事に取り入れるべき?

 

お米はもともともみ米であり、もみ米からもみ殻を除いたのが「玄米」です。この玄米を精米してぬかと胚芽を取り除いたのが白米になります。味覚という点から見ると玄米は美味しくなく、精米することによってごはんとしての美味しさがでてきます。これは果物などの皮と種を取ると美味しくなるのと同じです。
 一方、精米することによって失われるのはからだに良い栄養成分です。米の栄養成分は玄米の胚芽と表皮の部分に95%含まれておりますが、白米の胚乳部分には5%しか含まれていません。文字通り、白米は玄米から胚芽の部分を失われた粕なのです。
 精米のよって失われる体に良い栄養成分は食物繊維・ビタミン・ミネラルであり、玄米を食べることによって優れた栄養バランスのある食事となります。

 

 

 

○玄米が高血圧に良い理由とは

 

玄米は高血圧に効果あり?食事に取り入れるべき?

 

 玄米が白米より高血圧に良いとされる理由は次の3つです。

 

1) 豊富な栄養成分を含んでいる
○食物繊維(白米の約9倍の量)
食物繊維は通常はミネラルであるカリウムと結合していますが、食事で胃の中に入ると胃酸の作用でカリウムが解き放たれます。このカリウムは腸から吸収されて血中のナトリウムを排出します。同時に残ったカリウムを放出した成分は小腸においてナトリウムと結合して排泄されます。このようにナトリウムが減少して血圧が下がることになります。
○ビタミンE(白米の約4倍の量)
ビタミンEは抗酸化作用をもっており、血管の老化を防ぎ血液の流れを良くする働きがあります。
○カリウム(白米の約4倍の量)
カリウムはからだの中の余分なナトリウムを排泄させ血圧を下げる働きがあります。

 

2) 肥満になりにくい
肥満は高血圧の原因の一つでありますが、玄米には次のように肥満になりにくい要因があります。
○高デンプン
 玄米はデンプン量が多いため、摂取したエネルギーを熱として発散し脂肪として残りにくいということがわかっています。
○インスリンの分泌を抑える
 玄米はインスリンの分泌量を抑えることがわかっています。インスリンは食事からとったエネルギーを脂肪に変えて我々のからだの中に蓄える重要な役割をもっています。そのインスリンが少ないため玄米は肥満になりにくい食品であるということです。その理由には、玄米は白米と違って良く噛むため、消化吸収に時間がかかるためであると考えられています。

 

 

 

○発芽米がさらに高血圧に良い理由とは

 

玄米は高血圧に効果あり?食事に取り入れるべき?

 

発芽米(発芽玄米)とは玄米を約1mm発芽させた状態の米です。玄米よりさらにパワーを強めた発芽米の秘密は「発芽」にあります。発芽する前の玄米の状態においては、豊富に含まれているミネラルと結合しているフィチン酸という成分によってミネラルのからだの中への吸収率を低くしています。ところが、発芽することによって、フィターゼと呼ばれる酵素によってこの結合が離れてからだの中への吸収率が非常に高くなることがわかっています。さらに発芽によって、抗酸化作用をもつ抗酸化物質の働きが強くなります。

 

 発芽米に含まれる特に良い栄養成分としてγアミノ酪酸である「ギャバ」があります。発芽米に含まれるギャバは玄米の約2倍、白米の10倍も含まれています。
 ギャバは近年リラックス効果のあるということで知られるようになりましたが、血圧を下げる効果もあることが明らかになってきました。ギャバは腎臓の働きを強めてナトリウムを排泄させ血圧を下げるとともに、悪玉コレステロールの上昇を抑える効果を持っていることがわかっています。この血圧を下げる働きは正常な血圧の方には影響せずに高血圧の方だけに効果があることも判明してしました。

 

 発芽米にはギャバ以外にも豊富に含まれる食物繊維・抗酸化物質の相乗効果により、高血圧も含めた生活習慣病の予防・改善によい健康パワーを持つ食品です。

 

 

 

○「ファンケル 発芽米」(販売:株式会社ファンケル)の紹介

 

玄米は高血圧に効果あり?食事に取り入れるべき?

 

「ファンケル 発芽米」は過去14年間に渡り、日本の発芽米市場の売り上げ一位を続けている注目健康商品です。
 その特徴は玄米より圧倒的な栄養パワーをもつ発芽米を白米にまぜるだけで毎日美味しくごはんを食べられるという点であり、血圧の高い方も含むご高齢の方からお子様まで多くの方に喜ばれている理由でもあります。
 もう少し、この商品のメリットをご紹介します。

 

1) 豊富な栄養成分を含んでいる
血圧を下げる効果のあるギャバ・ビタミンE・食物繊維の量が白米・玄米と比較しても豊富に含まれています。また、生活習慣病だけでなく認知症・美容にも効果のある栄養成分が豊富にふくまれており完全食品としてお勧めします。

 

2) 味わえるごはんになる
研がずに白米に混ぜて炊くだけで、発芽米に含まれる旨み成分であるアミノ酸と発芽する時に糖質が分解されて出てきた甘味成分が白米の持っている美味しさと加わり味わい深いごはんの味を作り出します。
また、発芽する時に玄米の外皮が柔らかくなり、食感にもちもち感が生まれるという点も好評です。

 

3) 豊富なレシピに対応できる
ご飯を使った料理であればどのようにでも使えて、冷やしておにぎり・お弁当でも美味しく食べることができます。

 

4) 高い品質の安全性が保たれている
北海道の一等米である玄米を100%使用しています。また、使用する玄米と発芽させた発芽米の2段階での放射性物質の自主検査を行っており、徹底的に品質の安全管理を行っています。
国産・安心・安全へのこだわりをもった商品です。

 

 

 

【ファンケル】北海道産玄米100%使用!発芽米お試しセット♪
ファンケルの発芽玄米