高血圧に効く酢の驚異のパワー!食事で活用するには?

高血圧に効く酢の驚異のパワー!食事で活用するには?

高血圧に効く酢の驚異のパワー!食事で活用するには?

 

 

世界に多くある調味料の中でも酢の歴史は古く、昔から様々な用途に利用されてきました。酢には100以上の成分が含まれるといわれ、調味料のほか、細菌の繁殖を抑える防腐効果があるため食品の保存にも多く使われています。多くの優れた効果を持つ酢ですが、さらに酢の接種を続けると高血圧が正常の血圧に改善されることもわかってきました。健康効果の高い酢の力を食事に取り入れれば、自然な形での体質改善が期待できそうです。

 

●こんなにすごい!酢の健康効果
●高血圧対策に酢の力!その理由とは
●どんな酢が良い?種類と特徴
●酢を毎日の習慣に!健康レシピと注意点

 

健康や美容に良いといわれる酢の、高血圧に対する効果についてご紹介します。

 

 

 

●こんなにすごい!酢の健康効果
酢には食欲増進や、疲労回復の作用があることは知られています。けれど酢のパワーはそれだけではありません。酢の主成分である酢酸が人の体内に入ると、アデノシンという物質が発生します。アデノシンには血管を拡張させる作用があるため、血液が流れやすくなり血圧も下がります。このほか酢酸には内臓脂肪を減らし、血中脂質を低下させるなどの効果もあり、高血圧予防および生活習慣病予防の強い味方なのです。

 

 

高血圧に効く酢の驚異のパワー!食事で活用するには?

 

 

 

●高血圧対策に酢の力!その理由とは
酢酸は、血圧を上げる物質を生み出す酵素に直接働きかけ、血圧の上昇を抑えることがわかっています。一日大さじ一杯の酢を飲むことで、血圧の上昇が抑えられます。この血圧上昇を抑える作用は高血圧に対してだけであり、低血圧や正常値の血圧には影響しません。そして、酢を飲むことを休んでしまうと血圧は元に戻ってしまいます。対症療法のようなものですが、酢には副作用はなく先に挙げたような様々な効能や、そのほかにもカルシウムの吸収を良くして骨粗しょう症を防ぐ効果もあるので、飲み続けて悪いことはないのです。

 

 

高血圧に効く酢の驚異のパワー!食事で活用するには?

 

 

 

●どんな酢が良い?種類と特徴
リンゴ酢などの果物酢や米酢などの穀物酢、その種類がいろいろある酢ですが、長期熟成、発酵して作られた酢のほうが体にいいと言われています。これは黒酢、香酢、もろみ酢などですが、中でも1年から3年もの年月をかけて醸造される黒酢は、アミノ酸やミネラルが豊富で高血圧に良いとされています。血圧を上げる酵素の働きを抑える力が黒酢は他の酢よりも強いためで、アミノ酸を豊富に含む黒酢は血液をサラサラにしてくれます。同じくアミノ酸が多く含まれている酢に玄米酢があります。醸造には黒酢と同じくらいの時間をかけていますが、玄米を使用しているため独特の豊かな味わいがあります。

 

 

高血圧に効く酢の驚異のパワー!食事で活用するには?

 

 

 

●酢を毎日の習慣に!健康レシピと注意点
黒酢は豚肉と相性が良いので酢豚にしたり、豚バラ肉と一緒に煮込むと、肉の臭みを抑え味に深みが増しておいしく食べられます。このほか、長ネギと豚肉を炒めてキムチと豆腐を加えたスープに、玄米酢を加えてひと煮立ちさせると栄養価の高いおいしいおかずが出来上がります。料理に使用しても直接飲んでも健康効果のある酢ですが、摂り方には少し注意が必要です。まず、飲料として使用する際はそのまま飲むと胃を傷める恐れがあります。5倍ほどに薄めて飲むようにしましょう。飲む時間帯は就寝前は避けましょう。飲んですぐ寝ると酢の酸により歯が蝕まれてしまうからです。酢を飲んだ後すぐ歯を磨くことも、歯を削る恐れがあるのでやめたほうがいいでしょう。また、酢の過剰摂取は貧血につながります。酢を飲む場合は一日大さじ一杯の量を守ることが大事です。

 

 

 

 

高血圧に効く酢の驚異のパワー!食事で活用するには?

 

 

 

昔から体に良いといわれる酢は、やはり様々な健康成分の宝庫でした。便秘の改善や食欲増進のほか、高血脂症や高血圧の改善にも効果があるとは驚きです。調味料として、また飲み物にアレンジして、毎日の食事に積極的に利用したいですね。

 

 

 

高血圧に効く?食事にはやっぱりお茶がいい

 

 

 

 

P.S.
こちらのサプリメントもおすすめです。

 

フジッコの黒酢と黒豆で健康に!限定プレゼント付
黒酢で高血圧対策